上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

??-2_convert_20111207234034

「Love」John lennon

「愛の言葉」

僕は君に対する愛を考える。


君と出会った時の事。

君と行った様々な場所の事。

君と話した色々な事。

君と初めて手を繋いだ時の事。

君と初めてキスした時の事。

君を初めて抱いた時の事。


全てが鮮明に蘇る。
そして切なく奥深く心静かに感じる思い。

僕にとっての君は何か大きなもの。

君といる時、僕は本当の自分でいられる。

君にとっても僕がその様な存在であって欲しいと願う。

君を強く抱きしめる度
暖かいぬくもりと匂いを感じながら
愛しくもあり同時に恐怖を感じる。


喜びと悲しみそして痛み・・・。
全て超越した無償な思いがある。

不器用な僕は
「ジョン・レノン」の様な言葉で
君の為に「愛」を歌えない。

だからいつもそばいにいて
君を抱きしめ心を伝えていたい。

いつまでもいつまでも・・・。



それが僕の愛の言葉。。。



テーマ: 写真日記
ジャンル: 写真

mellow out

Category : 音楽

「BRUTUS」で

 気持ちいい音楽。

と題して週末に聴きたい気持ちいい音楽を
特集していましたが、久々に聴きたくなって聴きました!!

「Call Tyrone」Erykah Badu

エリカ・バドゥ。

んー・・・。

やはり良いですねー。

またCD引っ張り出して
秋の夜長にゆっくりお酒を飲みながら
聴いてみます。。。




テーマ: 日記
ジャンル: 日記


今日は久しぶりに音楽話で・・・。

「You've Got A Friend」Donny Hathaway

キャロル・キングの名曲を
ダニー・ハサウェイがソウルフルに歌った1曲。

この曲が入ったアルバム

「DONNY HATHAWAY LIVE」

かなり昔から聴いていますが
特にこの時期になるとふと手にして
何故か聴きたくなるアルバムです。

オリジナルの楽曲から名曲のアレンジまで様々な曲が入ったダニーの最高傑作。
1曲目がマービン・ゲイ「WHAT'S GOIN' ON」のカバーから始まるのですが
本人の方も当然良いですが、ダニーのアレンジもかなりカッコイイです。

「What's Goin' On」Donny Hathaway

アップテンポな曲からメローな曲まで聴きごたえ十分な1枚。

秋の夜長にとても合う良い曲ばかりです。

気になる方は
是非聴いてみて下さい。


ではまた。。。

テーマ: 日記
ジャンル: 日記

L1000450_convert_20111026110137.jpg


未来ちゃんの写真展を見てきました。


ご存知の方も多いとは思いますが・・・。


写真家の川島小鳥氏が新潟県佐渡島に住む友人の3歳になる子供の
1年間を撮った写真作品です。

氏がこの作品に関してのインタビューで未来ちゃんに対し

「第一印象は人とは違う何か生き物」

「子供をこれまで撮った事は無いが彼女に対しては「撮りたい」
 と言う思いに駆られた。崇拝しているに近い」


と表現している様に氏が写し出した彼女の様々な表情や行動には
何処にでもいる子供と同じ様でそうでは無いとても魅力的で惹きつけられるものを
感じとれます。

生きる事に対し全てを全力で立ち向かう

「小さな巨人」

何か忘れ去ってしまった物に向き合った様に感じました。

皆さんも興味あれば
写真集もオススメなので

是非ご覧になって下さい。。。


テーマ: 写真日記
ジャンル: 写真

今回はオススメ映画をご紹介します。

「Let's Get Lost」

「チェット・ベイカー」という1人のジャズトランペッターの
人生を追ったドキュメンタリー作品です。

一応チェットを知らない方に簡単にご紹介します。


■チェット・べイカー(1929年~1988年)
 アメリカオクラホマ州生まれのジャストランペッター。

チャーリー・パーカーに見出されジャズの世界に入り
1954年に伝説となったアルバム「チェット・ベイカー・シングス」で
その魅力的な容姿とささやく様な甘い歌声そして卓越したトランペットで瞬く間に
ジャズ界のスターになった男です。

しかし・・・

名声を得て以降の人生は
酒と女とドラッグで身を滅ぼす破滅的な人生を最後まで送るのです。


この映画は「チェット・ベイカー」と言う1人のジャズマンの
半生をデビュー当時の貴重な映像や音楽そして関係者のインタビューを通し
ドキュメンタリーとして映画にした物です。

また映画公開直後にチェットはホテルで謎の転落死と言う形でこの映画を観る事無く
人生に幕を閉じまうのです。。。


映画監督はファッションフォトグラファーとして
ラルフ・ローレンやカルバン・クラインの広告で有名になった

「男をセクシーに撮らせたら右に出る物はいない」
あの「ブルース・ウェーバー」です。


この映画は全編白黒で構成されていてとてもスタイリッシュです。
内容も然ることながら映像としてだけでもめっちゃオススメですよ。


ここまで書いといて今更なんですが・・・。

実はこの映画、日本語版はDVDで出ていません。
英語版しか購入は出来ませんし、DVDの映像企画が海外と日本では違う為に
変換可能なDVDプレーヤーが無ければ見れないという相当困難な代物です。

しかし僕はどうして手元に欲しくてDVD買ってしまいました(DVDデッキ付)
それだけ欲しかったという事です!!

もし皆さんも気になりましたら
僕みたいな変態的行為はしなくて良いですが(笑)

youtubeでも観れますので
是非ご覧下さい。

ではまたまた。。。




テーマ: 日記
ジャンル: 日記

プロフィール

ne zapp

Author:ne zapp
日々の出来事の中で気になる事や思う事など気ままに書いています。
まぁたいした事は無いですが、気になればごらん下さい。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ne zapp

Author:ne zapp
日々の出来事の中で気になる事や思う事など気ままに書いています。
まぁたいした事は無いですが、気になればごらん下さい。。。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。